2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月 

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

豪華ディナーのち船酔い

2009年02月06日(金)

19時から始まった“Ship for World Youth”のレセプション。
ワーフにトンガらしからぬ大きな船が。
そこには大きく
「NIPPON MARU」
と書かれていました。

船の中に足を踏み入れると別世界。
まず、クーラーがガンガン。
長時間いると少し暑いいぐらいだったけれど
、外から入った瞬間はと~っても涼しく感じました。
豪華な料理が並び、天ぷら、数の子、そば、日本酒、アサヒビール!
まぁ、うれしい限り。
船には、13カ国から集まったという、
この船のメンバーとトンガ人のたくさんの来賓。
256人のメンバーのうち、日本人が112人ということで、
まぁ久しぶりにこんなにたくさんの日本人と会い、
話をする機会を得られることができました。

今日しか食べられん!とお腹いっぱい食べたのは良かったのですが…
突如、嘔吐しそうな状態に。
原因は船に足を踏み入れた途端、感じた小さな揺れ。
でも、ワーフにとまっている7階建ての大きな船ですよ。
プールに大浴場、サウナまであるらしいですよ。

しかし、私には合わなかったようで、結局船を下りる前に1回嘔吐。
家に帰って、横になると船酔い状態。
なんと表現したらいいかわらないけれど、揺れている。
夜中にゲーゲー。

せっかくの豪華ディナーが台無し。

30歳までこの船に乗れるということで、楽しそうだなぁと思ったけれど、
私は無理ですね。
だって、船の中にいたのはたったの2時間。
それで、船酔い。



恐るべし。海の力。


Youth leaders visit Tonga on friendship voyage

THE cruise ship Nippon Maru, arrived in Nuku'alofa this morning with 283 youths from 12 different countries on a voyage in the South Pacific that aims to foster cooperation and friendship among youth leaders on board.

Nuku'alofa is the first port of call for the 21st Ship for World Youth SWY 21, 2009.

The SWY program started in 1989 as an initiative of the Cabinet of the Government of Japan with an objective to promote mutual understanding between youths of different nationalities "thus developing the spirit of international cooperation and friendship with each other," explained Mr Tanaka, the leader of the SWY 21. He said that the objective of the program is to expand the international perspective of the youths "who are the leaders of the future, thus fostering cooperation and friendship with each other."

He said this is the third time Nippon Maru has called into Tonga and that "it symbolises the deep friendship between Tonga, Japan and the other countries which are represented in the program. Tonga started participating in the SWY program in 1911."

Youth leaders


There are 12 Tongan youth on board with national youth leader Gloria Guttenbeil who said the experience had been invaluable, "because living and engaging together with youths from various countries of the world has broadened my view on life."

The youth on board come from Japan, United Arab Emirates, Venezuela, Yemen, Peru, Norway, Canada, Egypt, New Zealand, Fiji, Vanuatu and Tonga.

During their three-days stay in Nuku'alofa the 12 Tongans youth will be given the chance to showcase Tonga and the youth will visit various schools and villages throughout Tongatapu.

This afternoon there was a welcome ceremony for them at the Queen Salote Memorial Hall, hosted by the Ministry of Education.

The Nippon Maru left Yokohama, Japan, on January 23. After a three-days stop over in Nuku'alofa it will leave for New Zealand on Saturday, February 7 where it will also stop for three-days before sailing for Vanuatu, where it is expected on February 19.

The Nippon Maru is expected to complete its voyage in Tokyo on March 5.

10:07  |  トンガニッキ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://messagefromtonga.blog46.fc2.com/tb.php/83-1823d628
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。