2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月 

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

私が行かない理由

2009年08月27日(木)

ワークショップにも参加せず、今日のホームビジットにも行かなかった私。
”SAEも行くべきだよ”と、とある同僚に言われた。

きっと怠け者だなーと思われているに違いない。

レッドクロスが行った、家族への訪問はTVにも取り上げられ放送されていた。
○じーと一緒に船会社で働いていた家族のところに訪問していたシーンだった。

JICAボランティアの元には訪問に来ないの?(半分、冗談で) 聞いたら、
”友人の家にまで行っていたら、周りきれないよ” との答え。
そりゃぁ、そうだ。



でも、JICAボランティアの絆っていうのはさ、
家族でもないけど、友人でもなくて、そんなところでつながっている。
こういう付き合いが苦手なボランティアもいるだろうし、
だからJICAって…と思う第3者の方もいるだろう…

でも、住んでいる島が違っても、普段会えず連絡を取り合わない関係であっても、
その国に住むボランティア同士ってすごく深いつながりだと思う。
小さな小さな日本人コミュニティの中で凄いパワーを発揮する部分でもある。

私たち日本人はトンガ人と違って上下黒の服を長いこと着ているわけでもないし(喪中を意味する)、
仕事も長々と休んだりしない。
それぞれ乗り越えて、仕事しなきゃ!って自らを奮い立たせて頑張っているところだと思う。


そんな私が、カウンセリングする側になって、
ワークショップ受けて、家族を訪問できるわけがない…

一緒に活動していた1人のボランティアとして、
そんなことできない心境。

ネットに掲載されるニュースや写真を見て、
まだまだ涙があふれ出てくるのに。


トンガ人には説明できないけど、私たちは
血はつながっていなくとも、すごい深いつながりなんだぞ。
日本人、普通に仕事して、いつも通りの服装してるけど、
心の中は違うんだよ。



うまく伝えられないから、ここに書いてみました。

だから、私は行かない。
        行けない。
17:40  |  トンガニッキ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。