2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月 

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

コロンビア野球少年プロジェクト

2009年06月01日(月)

コロンビアで野球隊員として活動するさかなちゃんこと、阪長友仁。
駒ヶ根訓練所時代、同じ班でした。

彼との思い出、それは…
入所した日の夜、班ごとに顔合わせと班長等の係決めがありました。
そして次の日の朝、朝の集いの前にウォーキングに出た時に出くわしたのが、さかなちゃん。
でも、同じ班だってことにお互い気づいておらず…
散歩途中の会話の中で同じ班だということを知りました。
人の顔なんて、そんなにすぐに覚えれません…
しかもスタッフ合わせたら200人ぐらいいる中で…

そんな、さかなちゃんが企画しているビックイベントのご協力依頼がきております。
賛同していただける方はご協力お願いいたします。

コロンビア野球少年プロジェクト 趣意書

☆コロンビア野球少年プロジェクトとは
このプロジェクトは、コロンビアで青年海外協力隊員・阪長友仁さんに学んでいる野球少年達を日本に招き、日本の野球や文化に触れてもらい、今後のコロンビア野球や人生に活かしてもらおうというものです。
その遠征費を、有志や賛同いただける方の寄付を募って捻出したいのです。
コロンビアでは1日1000円稼ぐのがやっとです。参加する子供たちの保護者には応分の負担をお願いしたいのですが、その負担を考えると大部分を募金でまかないたいのです。

☆阪長友仁さんのプロフィール
2008年4月より青年海外協力隊員としてコロンビアに赴任。派遣の目的は、あいさつ、整理整頓、規律を重んじること等、日本の良き伝統や文化をコロンビアの子供や父母、コーチ達に伝えながら、野球の指導を行なうこと。
1981年大阪府交野市生まれ。新潟明訓高校に進学し夏の甲子園出場。立教大学野球部主将。いったん就職するも、若いうちに身ひとつで国際貢献をしたいと、スリランカに自費で渡り代表チームのコーチに就任。その後、タイ代表コーチを経て、ガーナ代表監督(北京オリンピックアフリカ予選3位)。

☆日程
9月末から10月初旬にかけて、東京、大阪に10日ほど。小中学、高校、大学の練習参加、練習見学。
☆募金目標金額30万円×10人=300万円(航空券代だけで25万円かかるのです)
☆募金口座
三菱東京UFJ銀行 中もず支店 普通 0022911 コロンビアヤキュウプロジェクト
   (一口5千円)
皆様からのご厚意お待ちしております!
☆ホームページ ⇒ コロンビア野球プロジェクト

☆阪長さんより皆様へ
まだまだ野球が国のスポーツとしてなりたっていないコロンビアで、家族の家計を助けたいという思いでメジャーリーガーを夢見て野球をする子供たちに日本の野球を肌で感じてもらいより広い視野を持って欲しいと思っています。日本のみなさんにも貧しくとも明るく幸せに暮らすコロンビアの人々の人生を学ぶ機会にして欲しい。そういった野球を通じての日本とコロンビアの交流をみなさんの協力とともに作り上げていきたいと思います。
遠く離れた日本とコロンビアが野球というスポーツを通じて触れ合い、共に多くのことが学べる日本遠征実現に、みなさんのご協力をお待ちしています。

☆発起人・事務局 
発起人
    香川 万紀 (青年海外協力隊OG)
    小林 敬一良 (京都創成大学野球部監督)
    小島 圭市 (ロサンゼルスドジャース・スカウト)
    瀬野 竜之介 (プロスペクト㈱代表取締役)
事務局
    瀬野 竜之介
    和田 政宗
事務局所在地
    大阪府堺市北区百舌鳥陵南町3丁目165-1 プロスペクト内
メールアドレス
    colombiayakyu@yahoo.co.jp

Arafuraに参加してみて、こういう国の人たちが国際大会に出場することの難しさを目の当たりにしました。
”企画的に前々から計画して動いておけば”どうにかなることも多々あります。
でも、資金がないとどうにもならないこともあるんですよね。

そして、高校生2人(VasiとPaseka)を見ていて、小さな島国で暮らす2人が海外の大会に出て、同年代の仲間たちと練習し語り合う。
2人の結果がオリンピックに通用するのかなんて知らないけれど、金と銀メダルをとって夢を持てたと思うんですよね。
トンガにいたら、陸上選手になりたいなんて思わないと思うし。
そんな夢をもっていないかもしれませんが、将来に向けた大きな自信につながるでしょう。

さかなちゃんが企画して、賛同する方が現れた今、ぜひぜひ成功させてほしいなと思っています。
彼が関わっている野球少年たちに同じような体験をしてもらいたい…
自分の選手たちを日本に連れて行きたい気持ちもとってもわかるし。

賛否両論あるでしょうが、私は応援します。

さかなちゃんのブログは下記から
野球を通して世界平和を2
野球を通して世界平和を!!(過去のブログ)
12:31  |  ●オシラセ/キニナルコト  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://messagefromtonga.blog46.fc2.com/tb.php/296-8db535dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。