2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月 

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

Arafura Games 5.16

2009年05月29日(金)

Arafura Games 2009
↑クリックするとArafuraに関する記事がまとめて見られます


日本チームとバストリップ。
Alisonが9時に迎えに来ると言いながら、8:30過ぎに来てビックリ!
そうだよ、ここはトンガじゃないよオーストラリアだよ…と思った私。
日本チームのみなさんの宿泊先へと迎いました。

すると、そこにはフィジーチームのFredが!
彼は、Fiji Paralypic Committeeのスタッフで競技場で熱く語り合いました。
JICAの研修(障害者スポーツのプロモーション)で日本にも行ったことがあり、トンガの現情を話、フィジーはどうなっているのかなどを聞きました。
そんな時思うのが、やっぱりプレジデント来るべきだった!ということ。
まー ビザとれなかったんだからしょうがないけどさ…

そして、保原さんにマラソン用車椅子について相談。
こんな会話が…
保原さん:キョウカイなどに聞いてみた?
私    :はい。普通の車いすはキョウカイを通して、トンガに結構来ているんですよ。
保原さん:どこのキョウカイ?
私    :モルモンです。
保原さん:あっ、それじゃないくて協会ね。

キョウカイと聞いて、チャーチだと迷わず思った私でした。


今日のツアーは先生方&ネットボール&セパタクローのみなさん。
バスは待てども来ず、来たと思ったらウインカーがつかないということで、みんなを乗せレンタル会社に戻り…
出発したのは、11時過ぎだったと思います。

今日の旅をコーディネートしてくださったのが豪日協会(正式名称ではないと思います…)。
運転手とガイドを務めるのは、日本語ぺらぺらのKylie。
とってもかわいくて、運転もお手の物で、日本が大好きなKylie。
オーストラリアでずっと日本語を勉強して、話せるようになってから日本の大学に留学。
オーストラリアに戻ってきてから、ツアーガイドの仕事もしていたそうです。

バスの中で日本語話せる!と思っていたものの、
選手・スタッフのみなさんはおつかれの様子でみんなで熟睡…
私は、ボーット外の景色を見ながら、チームのみんなは今頃何しているのかなと考えていました。

最初に向かったのは、LAKE BENNET WILDERNESS RESORT
豪日協会会長のヒロコさんご夫妻とお会いしました。

CIMG1470.jpg  CIMG1469.jpg
とてもキレイな湖。
この周りを少し歩きながら、Kylieとお話。
現在は、Melaleuca REFUGEE CENTREでTraining Coordinatorとして仕事をています。
(現在、HPが表示されないのですが一応のせておきます)
オーストラリアは年間何千人という難民を受け入れています。
このセンターは、何もない状態で来た難民をサポートしていて、たとえば”こんなところに病院がありますよー”とか仕事のことなど生活する上で基本的なところから一緒に動いていくとのこと。
Kylieは、直接難民に関わる仕事ではなくて、難民と関わる地域の人や、学校の先生などを対象に、レクチャーやワークショップをコーディネートしているとのこと。
”こんな経験をしているので、こんな風に接しましょう”とかそんな感じかな。

母子生活支援施設の職員の仕事とも共通する部分があって、話が盛り上がりました。
Kylieはやっぱり日本語を使う仕事がしたくて、日本語を使って今のような仕事がベストらしく、日本で暮らす外国人のサポートとかきっと仕事あるはずだよ!と話をしました。
でも、今はラブラブの彼がいるとのことで、日本に行きたいけれど考え中なんだとか。

CIMG1474.jpg
ランチは、フィッシュ&チップスをご馳走になりました。
お魚おいしかったですが、名前を忘れた…



その後、リッチフィールド国立公園へ。
CIMG1476.jpg  CIMG1478.jpg
遊びに夢中で、ろくな写真がない…
水着をトンガから持ってきていなかったので、服を着たまま水の中へ!
とってもキレイな水は、冷たかったけれど気持ち良かったです。
トンガじゃ海水でしか泳がないから、しょっぱくない水、ゴーグルをしなくても水中で目をあけられる水は久し振り!

それから、蟻塚を見に行きました。
2種類あって、巨大蟻塚と墓地みたいに並ぶ蟻塚が。
墓地みたいな方は、どれも同じ方角を向いてたっているのです。
  CIMG1480.jpg  CIMG1481.jpg

その後、キャンピングカー専用のキャンプ場へ。
オーナーとたくさんの犬たちがお迎え。
最近、新しく買ったという薪を使うオーブンで焼いたというパンをいただきました。
焼き立てでまだあたたかく、と~~~~ってもおいしかったです。

急いで競技場に戻ってきて、脳性まひサッカーの応援。
日本には、日本脳性まひ7人制サッカー協会があります。
CIMG1491.jpg
残念ながら、負けてしまいました。

そして、今日最後のイベント。
Kylieとバスと町でお別れ。
Kylieは日本人男性と”蝉時雨”というバンドを組んでいて、明日は練習だそうです。
最後の夕食会ということで、中華料理屋さんに行きました。
コースだったわけですが、料理が出るのが遅くて、最後の方にドバドバ出てきて…
おいしかったけれど、トンガの中華料理屋さんの方がおいしいよな気がします。
お客さんが多くて、うるさかったなー
隣に座ったのは、オーストラリア人のAlice。
今日のツアーに一緒に参加していたんだけど、日本が大好きで今年はすでに1回行っているが、8月にもまた行くとのこと。
ひらがな・カタカナはっちり、漢字も読めるAlice。
会話はまだまだらしく、英語での会話となりました。
写真をAliceのカメラで撮って、送ってもらう約束したんだけどまだ届いていません。

日本のteam attacheのAlisonと旦那さんのJimは夕食会に参加できず。
というのも、サッカー選手の1人が骨折してしまいAlisonが病院に付き添っていたのです。
実は、ネットボール選手の1人も試合中に骨折。
Alisonは外科の看護師さんということもあり、とてもお世話になったそうです。

夕食後、日本チームの宿泊先に戻り、岡田先生から日本チームの衣装、法被をいただきました。
というのも、みなさん明日のクロージングセレモニーには参加せず、今夜の便でDarwinを発つのです。

みんな、シャワーを浴びたりなんだりで、ろくなお別れの挨拶ができなかったのですが、日本のもう1人のteam attacheのイジさんに家まで送ってもらいました。
体操の先生で、私の生まれる前からDarwinに住んでいます。
実は、イジさんも骨折中…


日本のみなさんと楽しく過ごせた1日。
Alisonに誘うように言ってくれたMalika、日本チームじゃないのに気を使ってくれたJimとAlison。
片手運転で家まで送ってくれたイジさん。
日本チームのみなさん。
ありがとうございました!
日本での再会を楽しみにしています。
もちろん、トンガに来ていただくのが1番なんだけど。

日本チームの様子は、こちらのページでもご覧になれます。
ジャッキーさん : 2009年 アラフラゲーム報告
日本市民スポーツ交流協会 : アラフラゲーム2009現地リポート
22:04  |  ARAFURA GAMES/05.09  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://messagefromtonga.blog46.fc2.com/tb.php/282-bd38eb01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。