2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月 

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

Arafura Games 5.15

2009年05月29日(金)

Arafura Games 2009
↑クリックするとArafuraに関する記事がまとめて見られます

今朝も朝からMalikaが来てくれました。
DarwinからSydneyのフライトを変更することにしたのです。
選手4人とオフィシャル3人のルートが違うことは伝えてあった(ような)気がするのですが、
選手たちのフライトは、18日1:35にDawinを出て8:30にはSydneyに着く。
しかしオフィシャルは、18日7:30にDarwinw出て、16:30にSydney着。Perth経由で遠回りなんです。

トレーナーMoseseが選手たちとブリスベン経由でSydneyに行くと聞き、Laviniaと2人っきりで長旅はぜ~~~~~ったいにイヤだったので私も変更することに。
”お金の無駄だ”と思う方もいるかもしれませんが、私の精神衛生上フライトを変更しました。

エアチケット変更のため、Malikaと一緒に町へ。Vaiもついてきました。
まずは、Arafuraのオフィスへ。
そこでオーストラリアに来て以来、初めてのインターネット。
パパッとメールをチェックして、返事を出したいものもあったけれど日本語入力じゃないし、長居もよくないだろうと思いザザザッと読むにとどまりました。

それから、町へ。
まずは、Arafuraのインフォメーションデスクのあるホテル(名前が…)に。
ホテル1階の1室がArafura用になっており、ネームタグがあると自由に出入りできます。
ボランティアスタッフが常駐し、インターネット・電話が無料で使えます。
一応、ネットは30分、電話は15分以内にと書かれていました。
電話がただでかけられることにワクワクして、まずTonga National Paralympicのプレジデントに電話。
今までの様子や結果をバーっと話ました。Vaiも話したいということだとので、すぐに交代。
それから、違う電話を使いValetiに電話。(実の母には電話せず・笑)

CIMG1463.jpg  CIMG1464.jpg
○○ルーム(名前覚えていない…)
町中に宿泊していれば、このような設備も無料で自由に使うことができたのです

Malikaがコーラをくれました。

旅行会社に行き、チケットの手続きをすませ、Vaiと町中をぶらぶら。
Malikaは昼に会う人がいるということで、2時間後の再会を約束し別れました。

私たちは、お土産屋さんや洋服さんを物色。
トンガに帰ってきた今は、やっぱり服買えば良かったかなと思うのだけど、見るだけで満足。
それに買って帰るとメンバーに何か言われるしねぇ。それにVaiは一銭も持っていない…
「SAEはお金持ち」何度この言葉を聞いたことか。
・いやー 決してお金持ちではありません。
・現地生活費、こつこつ貯めているんですよ。
・日本にいた時、がんばって働いたんですよ。
・おじいちゃん・おばあちゃんが一生懸命貯めてくれたんですよ。
・貯まるように計画的に使うんですよ。
と、言いたい!!!!!!!
何もせずにお金がポンポン入ってくるあま~い世の中ではないのです。


日本食屋を探すも見つからず、麺が食べたかったので通りがかりに見つけたお店へ。
Vaiも同じメニューを注文し、いただきました。
CIMG1465.jpg箸に挑戦するも断念してフォークで食べるVai
写真右端奥に”sushi”の文字が見えますか?

Malikaと無事に合流し、帰宅。
帰宅した際、スタッフ用のTシャツやArafura帽子などをくれました。
家でウダウダしていると、Laviniaの携帯に私宛の電話が。
ビックリして出ると、Arafuraスタッフからで、SAEと話したい日本人がいるから…とのこと。

お相手は、NPO法人 日本市民スポーツ海外交流協会常務理事事務局長の保原さん。
ネットでArafura Gamesと検索したら、私のブログにヒットしたということ。
わざわざトンガチームに連絡をとるようにスタッフにお願いし、私のところに電話が来ました。
電話番号を交換し、また後で電話をします… という話になり、ワクワクしていると~

突然、Alisonが家にやってきた!
Alisonは日本のteam attacheで8日の報告に出てきています。
「日本チームの試合があるから、行きましょう!」と訳わからぬまま、とりあえず着替えて出発。

車の中で、Alisonが
「MalikaにSAEを連れまわしてあげてと言われたの。明日も1日バスとリップがあるから、日本人と一緒に行きましょう。」と優しいお言葉。

今日の試合は、ネットボール。
群馬県立女子大学のみなさんと文学部総合教養学科の神山雄一郎教授。
トンガでは、村ごとにチームがあるくらいネットボールが浸透しているのですが、私はルールさえもわからない…
神山先生はネットぼーるを日本に普及するため活動をしているようです。
詳しくはこちら→ネットボール資料室 神山研究室

しかし、出場チームが4チームしかなく、正式な競技にはならず交流試合とのことでした。
CIMG1466.jpg  CIMG1468.jpg
日本チーム、勝ちました!

ここで先ほど電話をしてくださった、保原さんに出会え、ランナーで立正大学社会福祉学部の山西哲郎教授、Arafura Gamesにゴルフで出場した国士館大学の岡田先生、そして株式会社 オズ・プロジェクトのジャッキーさんとお会いしました。

明日のバストリップに誘っていただき、と~っても幸せ。
チームのみなさんと別れてから、JimとAlisonと一緒にディナー。
奢っていただきました。フルーツサラダも買ってくれて、「家に帰ってみんなでシェアをする」って言ったら、1コじゃ少なすぎるからって5~6コ買ってくれて…
「ありがとう~ JIM!!!!!!!!」

Jimは自分の車で家へ、Alisonが私の家に送ってくれました。
JimとAlisonと写真を撮っておけば良かった…(1枚もない)
21:42  |  ARAFURA GAMES/05.09  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://messagefromtonga.blog46.fc2.com/tb.php/281-6e21978d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。