2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月 

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

SIAINAで考える

2009年04月28日(火)

SIAINAは、China:中国のことです。

トンガには、たくさんの中国人がいます。
おいしい中華レストランがたくさんあり、品揃えのいいお店も中国人が経営しています。

最近は、”China Aid”でたくさんの新しい道路ができています。

こんなニュースが。
心のケア人材養成へ=地震国の経験、中国四川に-JICA

日本には、大地震後の経験があって、心のケアが大切だってことがわかっているから
JICAが支援するのは必要なことだと思う。
やっぱりそれなりに、ケアとか、経験や勉強をした人が必要なのだから。

トンガ人と話していて、
”中国ってすごく大きくて、パワフルだけど、JOCVが派遣されていてJICAが支援してるんだよね”
って話になった。
そうしたら、そのトンガ人は”自分の国の人たちの面倒は見れないんじゃないの?”って。

トンガは、飢えもなく、孤児もなく、スラム、ホームレスもなく。
もちろん所得の差はあって、お金持ちとそうでない人の生活の違いは大きい。
でも、みんなで助け合って生きている。
母子家庭でも、両親亡くなっても、誰かが面倒を見てくれる国だ。
国が面倒を見ているわけではなく、トンガ人がと言った方が正しいかな。


ふと、釜ヶ崎”あいりん”のことを思った。
私は一度もこの地を訪れたことはないけれど、情報は入ってくる。

日本にマザーテレサが来た時に、このようなことを言ったそうです。
以下某HPより
マザーは、大阪市のキリスト教会の招きで大阪を訪れたときも同じような話をされています。

マザーはこのように言いました。
「あなたのカルカッタはインドにはありません。
あなたのアフリカは遠くにはありません。あなたの隣にあるのです。
この大阪市には、日雇いの労働者の街、釜ヶ崎があります。
世界のキリスト者にとって、釜ヶ崎はとても有名です。
たくさんのキリスト者が世界から訪れています。
私も今日訪れました。
ここには、日雇いの重労働に従事しているのに、理由なく怠け者だとか、
汚いとか差別されている労働者の方たちが、たくさんいます。
あなたたちはこの方々のところに行ってください。
あなたのカルカッタは、釜ヶ崎にあります。大阪にあります。日本にあります。
バイオラ病院建設のために、JICAボランティア派遣のために使われているお金を考えると…
中国と同じことやってる?とチラッと思ってしまった。
釜ヶ崎という地があることを私はトンガ人に伝えることができるだろうか…
トンガ人が知ったら、”日本も自分の国の面倒見れてないじゃん”って思うのかな。

少しでもいいから、釜ヶ崎へ。
そして、日本人がもっともっと国内の貧困について考えなければならないと思う…
派遣されておきながら、わがままな考えかもしれないけれど、
帰国後にやらなければならないことってたくさんあるよな。
17:27  |  ●ヒトリゴト  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://messagefromtonga.blog46.fc2.com/tb.php/233-79d20377
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。