2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月 

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

帰国に向けて

2009年04月19日(日)

ちらほら考えています。
まだ、早いだろとつっこまれそうですが、そうでもないのです。
帰国を視野に入れた仕事をしていかないといけない時期に入ったとは、
私は自覚しています。


最近の楽しみは、どこに住もうかなぁ~
どんな部屋がいいかなぁ~ とネットで物件を探すことです。
って、トンガに来てから1回しかやったことないけど。

何か作って形に残したい物は、今から進めておかなければなりません。
折り紙ブックやゲーム(音楽)ブックのトンガ語バージョン作成。
トンガ語の歌を楽譜に起こし、コードネームぐらい付けておこうかなと。
コンピュータ関係で言うと、エクセルとパワーポイントの使い方を教えてほしいと言われているし。
エクセルはファイナンシャルレポート作成の仕方、
パワポはレッドクロスがワークショップやレクチャー用、
特に子ども達が興味を持ちやすいような細工の仕方を。
レッドクロスのスタッフは、学校にもレクチャーに行っています。
トンガ王国にあるからか、レクチャーの中でデモクラシーの話をしていますね。
(トンガ語だからよくわかっていませんが)

今度、荷物を送ってくださるorトンガに来て下さる方
パワーポイントの使い方本がほしいです!!!自分も色々と勉強したいので。
Amazonでご自宅に送るので、日本~トンガ間をよろしくお願いします。

センターの子ども達には…人数もいることだし、悩む。
SAE特製のサティフィケートでも作ろうか。顔写真入りでねぇ。
“トンガ語がよくわからない日本人によく付き合ってくれました。ありがとう。”みたいな(笑)
サティフィケートなどを家の壁にはるのが好きなトンガ人なので、その1枚に加えられたら嬉しいなぁ。
あとは、思い出DVD作成かな。

大家さんファミリーはじめ、特にお世話になった人たちにはアルバム。
大量にある写真の中から選んで、プリントして…
DVDも作れたら、作りたい。

帰国後のことは、帰ってみなきゃわからないけれど、
報告の仕方・対象者が色々ある中で、どんな風にまとめておけばいいかなぁと考え中。
だって、日本に帰ったら忙しくてトンガ生活振り返ってあぁだ・こうだと
やっている時間があんまりないと思うから、今のうちにやれることはやっておきたい…
撮っておきたい写真集めは今しかできないし。
子ども向けの出前講座とかだと、学校の制服とか学校の建物、放課後何やっているの?
とかそんなこと気になるのかなって。
小学生以下だと、豚、にわとり、馬かなとか。でっかいお腹のトンガ人かなー
高校生になると、何だろ?妹に聞いてみよう。


実は、すでに報告に来てよ!と声をかけてもらっています。
そのうち2件は、大学から。
しかも、千葉生まれ・千葉育ち、大学は徳島な私が、
京都同志社大学岐阜岐阜大学からお声が…

現在、同志社大学言語文化教育研究センターの長谷部陽一郎准教授は、
私が学生時代徳島文理大にいました。
音楽学部の学生も外国語をとらなければ大学を卒業できないわけですが、
1年の時の英語の先生だったのです。
自分の学部ではない先生との付き合いってそんなにないのだけど、
長谷部先生とは縁が続いて、2年生以降も研究室に先生の仕事を邪魔しに行ったり、
ローソンのお勧め商品を紹介していました(ローソン店員だったので)。
もちろん、まじめな話もたくさんしました。卒業後はたまにメールをしています。

ゲストスピーカーの話が実現するかどうかは別として、学生にどんな話をしたらいいですか?と
聞いたところ、以下のような回答がありました。

青年海外協力隊の概要、意義、実際の活動内容
トンガの社会的・文化的・言語的事情
多文化間コミュニケーションの困難と、それを乗り越える喜び
現地のことばを学ぶために有効だったこと

同志社大学では、言語文化教育研究センターの組織再編と新学部設置について動いているそうです。

教職以外で語学能力を生かす可能性を追求する学生さん達らしく、
各種NGOの海外支援などの仕事も視野に入ってくるとか…
母子生活支援施設で働く私が!?みたいな思いです。
はどこに報告に行っても必要な項目ですが、
はここならではと思っています。

岐阜大は、岐阜大学教育学部美術教育科の野村幸弘准教授
(実は先生と呼んだことがない…)とのつながり。
大学在学中、徳島県立近代美術館で“絵を音にする”というワークショップがありました。
講師は、、野村誠さんと林加奈さん。
映像をとりに、野村幸弘さんも来ていて、そんなところからジワジワとつながりが。
幸弘さんは、芸術フォーラムを月1回ひらいていて、私も学生時代参加したことがあります。
徳島から岐阜に行きましたね。
なつかしいです。

そこで発表をトンガ料理付きでと言われています。
ついこの間のフォーラムでは、シリアで視聴覚教育に関わっていた方によ
る“難民/アート”というワークショップがシあったと報告が。
パワーポイント・映像を駆使したものだったらしく、私ができる報告の仕方も考えていかなければ…
と気付かされました。
学生はもちろんのこと、アーティストやらいろんな人が集まるフォーラム。
どんなこと報告できるかなぁ。


オウディエンスのことも考えることは大切だけど、
自分が何を1番伝えたいってことも考えないとなぁ。
きっと、残りの1年でたくさん増えるんだろうな…

*ブルーの字は、リンクしてあります。
04:20  |  トンガニッキ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●パワーポイント送付の件
パソコン教室で使った教材あります。
10章でA4用紙40枚位です。
返事があり次第郵送します。
返事待ってます(^^♪
AYASEのJIJI |  2009.09.03(木) 19:51 | URL |  【編集】
●AYASEのJIJI
以前、データでいただいた分で間に合っています。
ありがとうございます。
SAE |  2009.09.06(日) 14:01 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://messagefromtonga.blog46.fc2.com/tb.php/138-210f0c13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。