2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月 

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

かわいい子ども達

2009年03月27日(金)

かわいい時だけじゃなけれどね。

トンガ語だいぶあやつれるようになったおかげで、
子ども達との会話が楽しめるようになりました。
コミュニケーションは言葉だけではないけれど、
やっぱり子ども達が言っていることを理解したい!
そして、それにトンガ語で答えたい!
ということで、日々精進中です。

子どもによっては、発音が不明瞭でなんて言っているか理解できなかったり、
みんなの笑いについていけないこともあるけれど…
(トンガ人、ほんとーにくだらないことでめちゃめちゃ笑うのです)

でも、あまり話をしない子どもが何を言っているかわかるようになったり、
言葉だけじゃない部分でつながってきたことがうれしいです。
やっぱり、時間だよなーと思ってしまう。
どんなに、怠けもののトンガ人スタッフも子ども達とは深いところでつながっています。
10年以上かけて築いてきたその絆に勝てるわけはないけれど、
帰国後もSAEがいたなーって思いだしてもらえると嬉しいなぁ。

107
ティータイム

112
先生の隣に立っているのは、BlindのNIKOLASI。
キーボードはとっても上手。


113
4歳ダウン症のKEASI。
1年前は、人見知りしてぜーんぜん私のところに来てくれませんでした。
でもこの1年で、おしゃべりも上手になって
「さえ~、さえ~」と後ろをおいかけてきてくれます。


109
BlindのMeleane。
目は見えないけれど、とってもかしこくて、声が大きくて、おしゃべり。
私のトンガ語の先生です。
サウンドペーパーと板を使って作ったブロック。(私と子どもが)
子どもは、喜んで板にやすりをかけてくれました。
数字とアルファベットがあり、名前を書く練習をしたりしています。


115
ダウン症のPATIOLA。
去年の8月頃、ある行事でお母さんにお会いした時、
”あなたは誰?”と聞かれ、”SAEです”というと、
PATIOLAが家でSAE,SAEと言っているわよと聞き、
とてもうれしかったのを覚えています。



私は、送迎に同行しています。
迎えに行くことはめったにないけれど、送りは毎日です。
私の仕事ではないし、片道長いと2時間半ぐらいかかるので、相当つかれるのですが、
子ども達の中には、日本人の先生がいるんだよってことを家族に伝えられない子もいます。
だから、毎日毎日子ども達の家族との会話が少しだけどできるように、送りに行っています。


うるさいし、言うこと聞かないし、走り回るし・・・
モー!!!と思うこともあるけれど、やっぱりかわいいんだなぁ。
08:06  |  オファテゥイアマナキセンター  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●在TONGA、1年おめでとう(^^♪
PATIOLAの話しは泣けてきました。l
子供との話しは、とても癒されSAEを想像できます。

ETCを取り付け、あとカードが来ればアクアラインを越えてMANGIに行きたいです。

あと1年は早く過ぎると思うので、悔いのない様に日々努力してください(*^_^*)
AYASEのJIJI |  2009.03.27(金) 10:31 | URL |  【編集】
●AYASEのJIJI
残り1年はきっとあっというまですね。

悔いのないようにがんばります。
そして、いつも応援ありがとうございます。
SAE |  2009.03.30(月) 11:30 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://messagefromtonga.blog46.fc2.com/tb.php/109-fbd45b76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。