2009年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月 

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

おめでとう!!!

2009年02月07日(土)

大学の同期、
寮で2人部屋生活をしていた時の相方さん

ほたこ

ママになりました~

       


1月15日に女の子が誕生したとのことです。


おめでとう!!!
スポンサーサイト
08:14  |  トンガニッキ  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

ハハ来トン

2009年02月07日(土)

母がトンガにやってくる~
2月17日~23日までトンガに滞在。

ハリケーンが来ませんように!


豪華ディナーを台無しにしてしまったので、
昨日の夜中華レストランに行ってきました。
さすがに朝昼はなんとなく胃が本調子じゃなくて、
食べなかったから夜は豪華に!
中国人が経営しているお店で、安くておいしいのです。

パラリンピック委員会のメンバーも一緒に。
オセアニアパラリンピック委員会からの嬉しい知らせと
パラリンピック委員会のオフィスに電話線がひかれ、
P.O Boxを作ることができたこの1週間。
小さな打ち上げを・・・

トンガには、障害者当事者によるグループが
できては消えて…  という現状があるそうです。
こんな障害者のグループがあって、
何かをしたいからお金を集めてますと呼びかけ
お金を集めて、消えていくらしい。

そうならないためにも、
‘national`がつく委員会ですし、
本当に少しずつだけど地を固めていくことは
大きな1歩になるんだなぁと感じています。
日本だったら、電話がつながっていて、
郵便ポストがあるのは当たり前なことですからね。


というわけで、中華を楽しんだ夜でした。
07:33  |  トンガニッキ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

オーストラリアへ!!!

2009年02月06日(金)

5月にオーストラリアにて
Arafura Gamesという障害者スポーツの祭典があります。
(まだ、詳細はよく知らないのでこれから勉強します。)

Arafura Games 2009

オーストラリアパラリンピック委員会より、
オセアニア
交通費と参加費の援助ができますよと
トンガパラリンピック委員会に連絡が来ました。

これから、詳細を決めていくので何人選手が行けるかなどは
今現在はわかっていません。


JOCVは、2年間の任期の間、20日間のみ
任国外に旅行に行くことができます。
確か出張は20日間に含まれないはず。
行ける国は任国の周辺国のみですが。
私は高校時代にお世話になったNZに行こうか、
協力隊員のいるフィジーやサモアに行こうか迷っていました。

そしてトンガ隊員は、もちろんオーストラリアに行くことができます。
そこで、貴重な20日間の半分を使おうと
飛行機代自分で出そうと、
ぜひトンガチームと一緒にオーストラリアに行きたいと思ったのです。
出張になったらいいですけど、そこまでは。。。


というわけで、5月にオーストラリアにいくぞ


トンガに来るまで、障害者スポーツに全くかかわりなかった私。
トンガで障害者スポーツにどっぷり携わるなんてのも思っていなかった私。
何があるかわからない2年間となりそうです。


日本からは、こんなツアーがあるようですね。

2009年アラフラ・ゲーム参加ツアーのご案内
13:38  |  ARAFURA GAMES/05.09  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

キユーピーマヨネーズゲット しかも500gだぜ!!!

2009年02月06日(金)

連続アップですね。
ははははは。

"世界の笑顔のために"の申請の関係でJICAオフィスに行った時のこと。
JICAスタッフの机のうえに、マヨネーズが!
しかも、キユーピー!!!

"キユーピーマヨネーズだ!"
と思わず叫んだら、
"いる?"って。
もちろん、"はい!!!!!!!"と答えたら、くれました。
"やったーーーーー"と言ってしまいましたよ。

トンガにソーラー発電の関係でトンガに来た日本人ワタナベさんから
いただいたものだそうです。

JICAオフィスに行くと、運がよいと
なんかいただけます。
ありがとうございまっす!!!


トンガでマヨーズ手に入りますが、やっぱりキユーピーがいいです。
おいしいです。
醤油もやっぱり、日本のものがいいですね。
年末にご褒美をかねて、キッコーマン醤油を買ってしまいました。
ほかの国のものに比べて倍以上の値段がするんですよ。

でも、やっぱりおいしいんですよねぇ。
これぞ、醤油だ!って感じで。

年末年始、NZやオーストラリアに行った隊員は
たくさん日本食を買って帰ってきました。
私もチキンラーメンや、お茶漬けの元をいただきました。
チョコレートもいいですね。


日本食、なきゃないで生きていけますが、
やっぱあったらあったで、しあわせいっぱいです。
12:31  |  トンガニッキ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

ありがとう、ドイツからのお客様

2009年02月06日(金)

私の職場は、
トンガ唯一の障害児教育を行っているセンターということもあり、
海外から観光にトンガに来た外国人が
立ち寄ることがたくさんあります。

子どもたちやスタッフのためにお祈りをして帰る人、
おもちゃや文房具などを提供して帰る人、
そして自分の国で医者や障害児の学校で教員をしている人、
それぞれです。

もちろん、物の寄付はとてもありがたいのだけど、
私が勉強になるのは専門家の来訪。
昨日、今日とドイツから旅行に来た
障害児教育に長く携わっているという女性が来てくれました。

基本的に私は人見知りなので、(実はそうなのですよ!)
あまり自分から話しかけられず聞く一方。
日本人といる時もね。
ただ、それじゃいかんと思っていたのと、
その方の醸し出す雰囲気が私を動かしてくれました。

とても短い時間だったけれど、
素直に自分はボランティアでここに来ているが
障害児教育の経験はないことを伝え、
いろいろなアイディアをいただきました。

そして、昨日の様子を見ていたので、
早速使えそうな物を買ってきてくださり、
アドバイスまでいただきました。

JOCVとして生活をしていると、物品の提供は難しいもの。
だから、スタッフも物をもらうと嬉しそう。
でも、その物を長く大切に使う続けることや
教えてもらったことも長く続かない。

私は、周りのスタッフに"継続は力なり"って言葉を教えたいー。
日本だったら、小学生でも知っていて実践している子どもは数多くいるでしょう。
音楽の世界やスポーツの世界で。
クラブや部活動で学ぶこと。


お客様からいただいた大切なもの(物だけじゃないです)を
ずっとずっと子供たちのために使えるように
伝えていきたいことはたくさんあるなと思います。


そうそう、もう1つ。
しっかりとした時間割り、カリキュラムが組まれていて
壁に掲示されているんです。
それを見たお客様は、ほめるのです。
今回のお客様も、"ヨーロピアンスタンダードだ"と大興奮。
スタッフも満更でもない様子。
でもね、ただ紙に書かれているだけですよって言いたかったー
素直になればいいのに。
実はできていないんです。
これをやるのに、こんなことが難しいんですって。
そうしたら、ヒントをいただけると思うのにな。
12:03  |  オファテゥイアマナキセンター  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

世界の笑顔のために

2009年02月06日(金)

"世界の笑顔のために"というJICAの事業があります。
クリック!
“Smile for All in the World”あなたのやさしさを世界へ 「世界の笑顔のために」プログラム

H21年度第1回募集に向け、要望書を作成中。
というのも、トンガパラリンピック委員会より
競技用車椅子が必要なんだけれど。。。という声が。

トンガには普通の車椅子しかなく、
陸上競技やバスケットなどスポーツ用のものはなし。
国際大会(パラリンピックなど)に出場するチャンスがあっても
トンガ国内で練習するする機会がないのです。
また、障害者のスポーツ大会を開催しても車椅子競技はできません。

私のセンターの子どもの中にも、
足は不自由だがスポーツ大好きで、車椅子を乗り回している子供がいます。
基本的にトンガ人筋肉もりもりだし、しかるべきトレーニングをしたら
すごい選手が育つかもしれない!


というわけで、要望書を作成中。
この要望が採用されるかは、私の作文能力次第か。
でも、例の"環境ビジネス"の連載で編集者の方から
毎回お褒めの言葉をいただいているのでちょっと自信あり。
って、みんなの文章ほめているんでしょうけど。
私の日本語を心配していた母へ。
今のところ、連載中の文章には添削はいっていませんから!


話がそれてしまいましたが、
トンガにある立派な競技場で、車椅子ランナーが走り回っている姿を
夢に見るSAEでした。
11:33  |  ●オシラセ/キニナルコト  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

デング看護

2009年02月06日(金)

デングがはやりにはやっているトンガ。
日本人もちらほらデング患者が出ています。
そんななか、同期隊員がデングになり、点滴を隊員宅で受けるということで
宿直2回してきました。

1/24土曜日の16時頃、JICA顧問医のトンガ人のドクターが
家に来て点滴開始。
"6時間ぐらいで終わるから、なくなりそうになったら電話して"
というメッセージを残して帰宅。
私は、おかゆを作ったり、トイレに行くのに付き添ったりして過ごしていたんですが、
22時になってもなくなる気配なし。
デング患者も"ぜんぜん、なくならないね。。。"と。
でも、何時に終わるか分からないしと、
眠い目をこすりながら、本読みながらチェック。
結局、5時まで頑張ったけれど、まだまだ終わりそうもなかったので
消灯、就寝。

でも、気になって数時間で起床。
結局、何時に交換したか忘れてしまいましたが、
"6時間"というのは真っ赤なウソでした。
昼間は他の隊員が来たので、自分の家でゆっくりして
夕方、再出勤。
日曜日ですが、ドクターは点滴交換に来てくれました。
デング患者さんもだいぶ調子よくなり、夜中までおしゃべりしてしまいました。

たまたま、この隊員の家はすてきな家で
某隊員が"貴族みたいですね"と表現したほど。
私の家の倍の家賃ですし(JICA払いで、ちなみに私はレッドクロス)
家具がとてもすてき。
とてもゆっくり過ごすことができました。


点滴は、3本でおしまい。
月曜日の午後に終わりそうになり、ドクターに連絡。
すると、ドクターも体調が悪いということで
"点滴を抜いてくれ!"とお願いされた私。
えっ!と戸惑いながらも、OKと答えてしまったー
だが、デング患者さんとも話をしてJICAオフィスに電話。
スタッフがドクターに確認するねということで、待つこと1時間(たぶん)。
結局、スタッフが点滴を抜きに来ました。
これは、医療行為にならないそうです。
ドクターいわく。

もうちょっとで、人生初体験ができたわけですが、
JICAスタッフにプレゼントしました。
だって、なんだか怖いです。
点滴抜くの。


宿直2回で終わりました。
軽いデングでよかったよかった。
もう、彼女はすっかり元気です。

まぁ、次の日38.6の熱が。
39ー40度ではないので、デングではないなと思い
水分補給と休息。
次の日には元気になっていました。
きっと、久々の連続宿直に疲れたのでしょう。

宿直手当は、所長(JICAトンガオフィス駐在員)が
イタリアンレストランか日本食レストランに連れていってくれるそうです。
ほんとか嘘か。
期待してます!
11:12  |  トンガニッキ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

豪華ディナーのち船酔い

2009年02月06日(金)

19時から始まった“Ship for World Youth”のレセプション。
ワーフにトンガらしからぬ大きな船が。
そこには大きく
「NIPPON MARU」
と書かれていました。

船の中に足を踏み入れると別世界。
まず、クーラーがガンガン。
長時間いると少し暑いいぐらいだったけれど
、外から入った瞬間はと~っても涼しく感じました。
豪華な料理が並び、天ぷら、数の子、そば、日本酒、アサヒビール!
まぁ、うれしい限り。
船には、13カ国から集まったという、
この船のメンバーとトンガ人のたくさんの来賓。
256人のメンバーのうち、日本人が112人ということで、
まぁ久しぶりにこんなにたくさんの日本人と会い、
話をする機会を得られることができました。

今日しか食べられん!とお腹いっぱい食べたのは良かったのですが…
突如、嘔吐しそうな状態に。
原因は船に足を踏み入れた途端、感じた小さな揺れ。
でも、ワーフにとまっている7階建ての大きな船ですよ。
プールに大浴場、サウナまであるらしいですよ。

しかし、私には合わなかったようで、結局船を下りる前に1回嘔吐。
家に帰って、横になると船酔い状態。
なんと表現したらいいかわらないけれど、揺れている。
夜中にゲーゲー。

せっかくの豪華ディナーが台無し。

30歳までこの船に乗れるということで、楽しそうだなぁと思ったけれど、
私は無理ですね。
だって、船の中にいたのはたったの2時間。
それで、船酔い。



恐るべし。海の力。


Youth leaders visit Tonga on friendship voyage

THE cruise ship Nippon Maru, arrived in Nuku'alofa this morning with 283 youths from 12 different countries on a voyage in the South Pacific that aims to foster cooperation and friendship among youth leaders on board.

Nuku'alofa is the first port of call for the 21st Ship for World Youth SWY 21, 2009.

The SWY program started in 1989 as an initiative of the Cabinet of the Government of Japan with an objective to promote mutual understanding between youths of different nationalities "thus developing the spirit of international cooperation and friendship with each other," explained Mr Tanaka, the leader of the SWY 21. He said that the objective of the program is to expand the international perspective of the youths "who are the leaders of the future, thus fostering cooperation and friendship with each other."

He said this is the third time Nippon Maru has called into Tonga and that "it symbolises the deep friendship between Tonga, Japan and the other countries which are represented in the program. Tonga started participating in the SWY program in 1911."

Youth leaders


There are 12 Tongan youth on board with national youth leader Gloria Guttenbeil who said the experience had been invaluable, "because living and engaging together with youths from various countries of the world has broadened my view on life."

The youth on board come from Japan, United Arab Emirates, Venezuela, Yemen, Peru, Norway, Canada, Egypt, New Zealand, Fiji, Vanuatu and Tonga.

During their three-days stay in Nuku'alofa the 12 Tongans youth will be given the chance to showcase Tonga and the youth will visit various schools and villages throughout Tongatapu.

This afternoon there was a welcome ceremony for them at the Queen Salote Memorial Hall, hosted by the Ministry of Education.

The Nippon Maru left Yokohama, Japan, on January 23. After a three-days stop over in Nuku'alofa it will leave for New Zealand on Saturday, February 7 where it will also stop for three-days before sailing for Vanuatu, where it is expected on February 19.

The Nippon Maru is expected to complete its voyage in Tokyo on March 5.

10:07  |  トンガニッキ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

The Ship For World Youth

2009年02月05日(木)

今日は、The Ship for World Youthがトンガに着くということで、
レセプションに出席します。
今、ホームページを確認していたら
1月23日に日本を出て3月3日に日本に戻るようです。

楽しみです!

The Ship for World Youth Alumni Association
05:37  |  トンガニッキ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

またもや宣伝

2009年02月04日(水)

トンガに派遣されていた元協力隊員が
トンガ料理のお店をひらいたそうです。
たぶん、このブログを読んでいる方で
金沢近くに住んでいる人はいないと思いますが。。。

トンガ風食べ処
Sai pe
05:45  |  ●オシラセ/キニナルコト  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。