2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月 

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

Sydney滞在記7 5.25最終日

2009年06月01日(月)

Tinaたちとお別れの日。

誰が空港に送るのか、電車で行くのか、車で行くのか?と直前までゴタゴタしていましたが、Fanguの運転でPauline、Tina、Haloti、Kilisitinaと空港に向かいました。

チェックインぎりぎりについたので、空港でのお別れは結構アッサリ。
Paulineが掛け布団を持って帰るようにって渡してくれました。
”いらないよ…”と内心思いながら…
やっぱりスーツケース自体が重いのでしょうか、中はまだ隙間があるのに制限の20kgをオーバー。
トンガから日本に帰る時、どうなることか…と気が重くなります。
この超過料金もTinaが払ってくれました。

みんなとお別れをして、出国ゲートを通り、いよいよ帰るモードに。
搭乗ゲートに向かうと、英語が聞こえてくるも見た目はトンガ人なトンガ人だらけ。
何か食べようかと思ったけれど、こういう時に限ってお腹すいてない…

機内の隣の席は、オーストラリア人(だと思う)。
向こうは私が英語話せないと思っているのかしゃべりかけてこないし、私も色々と考え事をしていたので会話はせず…

CIMG1681.jpg  シドニータワー、見えます?

CIMG1686.jpg 渋滞しています

CIMG1687.jpg  バイバイ、シドニー!


週末、良く眠れていなかったので寝るぞ!と思っていたのだけど、
トンガに帰ることに興奮しているのか全く眠れず…
映画を見るのに$20で小さなTVみたいのを貸してくれるんだけど、最初から借りておけばよかった…と思いながら結局見ず。
途中、コーヒーとパスタをいただいて、ボーっとしながら過ごす。
あっ、行きの時はオーストラリアドルを持っていず機内で何も買えなかった私です。

Pacific Blueは他と違って、客室乗務員がフレンドリーな気がします。
ヘアスタイルとかもバッチリ決まっていなくて、ちょっと乱れちゃっている時も…
今回は、子ども達が食事を運んだり、ゴミを回収するお手伝いをしていましたよ。
歌を歌った子もいました!

それなりに機内の旅を楽しんで、Fua'amotu空港へ到着。
トンガはジメジメしていた暑く感じました。
ここですでにハイテンション。わ~いトンガだ!
入国審査、上の表示を見ずにはりきって並んでいたら、トンガ国のポスポート保持者のデスクだった…
ふと気付きさりげなく移動。
前の方に並んでいたのに後ろに逆戻り。

無事にトンガに入国!
そこには、夜勤中のお天気やさんの姿が。
布団を見てちょっと驚いていましたが、よくよく思い出すと昨年の冬すっごく寒くてパーカー着て寝ていたんですよね。
Paulineがくれた布団確実に大活躍間違いなし!

パラリンピック委員会委員長のお迎えで家に帰って行きました。
家に着いたのは、11時半ぐらいかな?
Valetiから鍵を受け取っておそるおそる部屋に入る…
19日間締め切りの家。
意外と普通で、念入りに掃除をしていっただけあって逆に気持ち良く感じました。


これで、オーストラリア旅行もおしまい。
オーストラリアでたくさんの人に出会いました。
これからもずっとつながっていけると良いな。

みなさん、ありがとうございました!
スポンサーサイト
04:06  |  Sydney滞在記/05.09  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

Sydney滞在記6 5.24

2009年06月01日(月)

Uheina宅で寝るも子ども達が夜中に泣いたりで熟睡できず…
そんな中、牧師の妻でもあるPaulineと下の子どもPasimiは4時頃に帰ってきました。
牧師のSioneはSAEも7時からの礼拝に来るように…って言っていたようですが、Paulineがつかれているだろうからって。

ゆっくり起きて、Uheinaの作った朝食をいただきシャワーを浴びて、Fanguと教会に行く準備。
Pauline長男ViliamiがUheina宅に迎えに来てくれて、Mt.Druittへ。
11時からの礼拝に少し遅れてしまったけれど、出席。
礼拝堂内での写真撮影は許されていないということでしたが、外観をちょこっと。

CIMG1678.jpg  CIMG1677.jpg
CIMG1672.jpg  これが礼拝堂 大きいです

CIMG1656.jpg  ユース世代の子たちと
”私たちの国の世話をよろしく!!!”と頼まれました。

CIMG1642.jpg
いつの時代!? Halotiがミーティングの資料をタイプしていました

CIMG1646.jpg  CIMG1660.jpg
右の写真の女の子Sapi。Pauline4番目の子。
彼女は、学校で日本語を履修していたそうで、山口でホームスティしたこともあるんです。
でも、昨年単位を落としてしまったらしい…

CIMG1658.jpg  夜はいつも家族でお祈り

オーストラリアにいるのにトンガみたいな日曜日。
でも、やっぱり周りは騒々しいのでいつもとは違う感じです。
もう少し買い物をしておきたかったので、夜ショッピングセンターへ。
「トンガ語の歌を歌えるか?」と聞かれたので、何曲か歌い、気を良くした私はマウルウルというダンスの歌を歌い始める…
”今日、日曜日だから!”と言われ、我に返った私。
トンガでは、日曜日は賛美歌以外の歌は禁止なのです…
オーストラリアだけどトンガなのです。すっかり忘れていましたぁ。
03:44  |  Sydney滞在記/05.09  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Sydney滞在記5 5.23

2009年05月31日(日)

今日は、Paulineの長男Viliamiの長男Tevitaの
誕生日パーティー(5歳)に誘われ行ってきました。
CIMG1583.jpg
Happy Birthday TEVITA!
Tinaは昨夜から料理作りでバタバタ。テーブルには、BBQにトンガ料理が並びました。

そして、夜は街中をドライブ。
みんなすごく疲れているのに連れて行ってくれました。
ドライバーPauline、カメラマンFanguとともに。

CIMG1605.jpg  シドニータワー

CIMG1595.jpg  CIMG1597.jpg
CIMG1598.jpg  CIMG1602_20090531183041.jpg
知る人ぞ知るキングスクロス おりていないので、ご安心を…

CIMG1624.jpg  CIMG1628.jpg
オペラハウス コンサートがあったのでしょうか?たくさんの人でにぎわっていました

CIMG1622.jpg  CIMG1614.jpg
うしろには、ハーバーブリッジ

CIMG1612.jpg  CIMG1610.jpg
カソリックの教会の前で写真を撮っていると…

CIMG1611.jpg Boysが乱入!

CIMG1633.jpg CIMG1635.jpg
閉園後のルナパーク

一気に観光名所を回った一夜でした。
夜景を撮るのは難しいです…
キレイな写真は、他のサイトで楽しんでください。

Mt.Druittまで帰るのは大変なので、Uheina宅で就寝。
18:55  |  Sydney滞在記/05.09  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Sydney滞在記4 5.22

2009年05月31日(日)

今日も、町に出かけようかとも思ったけれど、
家も居心地が良いので出掛けず…
Paulineとちょこっとショッピング。

CIMG1570.jpg
今度は、Paulineが50ドルくれました。
オートラリアに住んでいるからって、決して裕福じゃなのよ。
これがトンガ人なんですよね。
きっと私が日本から来た旅行者だったらこうはならず、トンガから来たボランティアだったからだと思う。

夜、Paulineの長女(Kilisitinaの母)Uheinaと次女Fanguがやってきました。
彼女たちは、町に近いところに住んでいます。
Fanguは24歳で年も近く、人懐っこくて、元気いっぱいですぐに仲良しに。
今晩は、Paulineの住む教会の家の方でFanguとリビングで寝ました。
CIMG1576.jpg  CIMG1578.jpg
左:Fanguと一緒に 右:Paulineの旦那Sione
18:10  |  Sydney滞在記/05.09  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Sydney滞在記3 5.21

2009年05月31日(日)

疲れもだいぶとれてきたので、町にお出かけすることを決意。
Tinaが一緒に行くと言っていたんだけど、仕事で行けなくなり、1人旅となりました。
私は、大丈夫だって言っているんだけど、HalotiとTinaがすっごく心配してくれて。
Halotiは仕事中にもかかわらず、朝「SAE、本当に行くのか?」って。

オーストラリアのマップと地球の歩き方のようなガイドとか、そんなのを持っていない私。
まー 勢いで出かけました。

駅まで送ってもらい、TinoとCentralまでの往復チケットを購入。
出掛けに、50ドルくれる。
いらないよ、大丈夫だよって言ったんだけど。
そして、連絡手段としてTinaの携帯を預かりました。
オーストラリアのSIMカードを買えば、トンガで使っているオンボロ携帯でも使えるのだけど、買うのももったいなくて…

CIMG1554.jpg
出発駅のMt.Druitt

電車(写真撮ってません)に乗って、まず”キタナイ”と感じました。
景色を楽しもうと思ったものの睡魔が襲ってきました。
1時間ぐらいで着くということを聞いていたけど、
何番目の駅かとか全然わからないので、寝過ごしたらいけない!
訓練所での講義で「バス・タクシー等で居眠りは防犯上×」と言われていたのにもかかわらず、
いつの間にか熟睡…
目が覚めた時は、乗り過ごしていないかとドキドキしたけれど、
CIMG1558.jpg そのうちこんな景色が車窓にうつり、Centralにつきました。

さぁ、降りたもののどこに何があるかわからない…
どっかでガイドもらうかなぁと思いながら、とにかく町中をぶ~らぶら。
CIMG1560.jpg 高いビルが並びます

CIMG1562.jpg  CIMG1561.jpg
この写真ではサッパリわかりませんが、人が多くてすぐにクタクタに

CIMG1568.jpg 路面電車

オーストラリアに着いてから、トンガ食続きだったので日本食レストランを探しました。
でも、その前に坦々麺みたいな麺がある中華のお店があったのでそこで一杯。
インスタント以外のラーメンは久し振りでおいしかった~

てくてく歩いていると、sushiの文字がさっき食べたばかりなの調子に乗って食べちゃった。
CIMG1566.jpg  サーモンはトンガでは食べられない

案の定、食べすぎで胃が痛くなって、気持ち悪くなって(笑)
でも、あきらめずに徒歩の旅。
大きなマーケットがあったので、そこに入りちょっとショッピング。
野菜などから、服、オーストラリア土産など豊富な品揃え。
私は、前々からほしかった小さな(携帯・カギ・カメラが入るくらい)横がけ布バックとお土産を数点購入。
人は多いし、胃は痛いし、もっとも苦手な洋服ショッピングはせず…

CIMG1567.jpg  Chaina town入口。中国人がいっぱい

途中で何回かHalotiから電話が…大丈夫だよ~と伝えました。
19時から礼拝があるので、17時くらいにMt.Druittに着くように帰るつもりでしたが、胃痛・腰痛・睡魔のため早めに切り上げ。
帰りの電車でも爆睡。
でもこの睡眠で元気を取り戻し、Mt.Druittに着いてから1時間ほど大きなショッピングセンターで買い物。
仕事帰りのHalotiと合流して、バスで家に帰りました。

家に着くなり、Tinoとハグ。
「無事に帰ってきたのねぇ、ありがとう神様」って。
19時からの礼拝にHaloti達とともに出席。
さすがにトンガ人でもオーストラリアで仕事しているだけあって、平日の出席者は少なかったです。
17:08  |  Sydney滞在記/05.09  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。